中性脂肪とコレステロールのお話し

中性脂肪とコレステロールのお話し コレステロールと中性脂肪は、どちらも脂質の仲間です。
私たちの体に欠かせない成分で、血液の流れで必要な部位に届けられます。

コレステロールは、健康な状態であれば、全体がちょうど良い量におさまるように調節されますが、
何らかの原因で、血液中のコレステロールが増えすぎてしまって、バランスが崩れてしまうことがあります。

私たちが体を動かすエネルギー源は食事でとる糖質・脂質・タンパク質等から作られます。
この時、使い切れずに余ったエネルギーが、中性脂肪となって、内臓脂肪や皮下脂肪に蓄えられます。

血中のコレステロール(善玉コレステロール・悪玉コレステロール)と中性脂肪量のバランスが悪い状態を、脂質異常症といいます。
バランスをくずすもっとも大きな原因は、食べ過ぎと、それによる肥満です。
その状態のまま、放っておくと、動脈硬化性の疾患リスクが高まります。
(脳梗塞・脳出血・心筋梗塞・狭心症・糖尿病など)

ちなみに、
善玉コレステロールは、全身をまわり余分なコレステロールを回収して肝臓に届けます。
悪玉コレステロールは、全身をまわりさまざまな組織にコレステロールを送り届け、
これが過剰になると動脈硬化の原因に・・・・。

脂質異常をやわらげる、青魚・大豆・食物繊維の多い食材を
うまく利用したレシピをご紹介します!