骨を健康に保つには?

血圧ってなんだろう?  なぜ、骨を強くするのが必要なのでしょう?
 「骨粗しょう症」や「いつの間にか骨折」という言葉は、今や耳にしない日はないくらい有名になってきております。
 骨の密度が減ると、骨がスカスカになってしまう為、骨折しやすい状態となってしまいます。
 その骨折が原因で、高齢者の方の寝たきり状態が認知症の原因のひとつとも言われております。
 また、「健康寿命」が短くなる原因でもあります。

 食生活の豊かな日本ですが、実は数十年にわたり不足している栄養素が「カルシウム」なのです。
 若いからといって、安心はできません。特に女性は、閉経後に骨密度が著しく減少してしまう為、若いうちからしっかりとカルシウムを骨に蓄える必要があります。

☆1日に必要なカルシウムは、男性で700mg~800mg、女性で650mgですが
多くの日本人は摂取しきれていません。

◎骨を強くする栄養素として

カルシウム乳製品・小魚・キャベツ・ブロッコリー・小松菜・青梗菜
オクラ・ケール・枝豆・豆腐・オレンジ・鮭の水煮缶・アーモンド
ビタミンDいわし・いくら・しらす干し
ビタミンK納豆・春菊・豆苗・ケール
葉酸レバー・菜の花・アスパラ・のり

これらのおすすめ食材を使ったレシピをご紹介します。