血圧ってなんだろう?

血圧ってなんだろう?  心臓は常に収縮・拡張を繰り返し、生きていくために必要な酸素と栄養を全身にくまなく運んでいます。
 その時に、血管壁に及ぼす血液の流れの強さのことを、血圧といいます。
 最もその圧力が高く、最高血圧と呼ぶのは、心臓が収縮するとき。その反対に、圧力が低く、最低血圧と呼ぶのは、心臓が拡張する時です。
 血圧の調整は自律神経の働きで行います。血圧は自分で気づかない時でも、大きく変動しています。
 1日の中の時間、気候、感情など、さまざまな条件で変動します。

2014年の高血圧治療ガイドラインによると、(朝・晩それぞれの平均値)
正常血圧 130/85mmg
高血圧  135/85mmg

高血圧を放っておくのは大変キケンです!

●心臓への影響
 血管に血液を送り込むのに大きな力が必要となるため、心臓に負担がかかり、
やがて心臓の筋肉が肥大します。
 これが進行すると、心不全の状態になってしまいます。

●血管(動脈)への影響
 血管壁に高い圧力がかかるため、細動脈壁が厚くなり、これが進行すると、動脈硬化がおこります。
 太い動脈にもコレステロールがたまりやすくなり、脳出血や脳梗塞など、生命をおびやかす
障害をもたらしてしまいます。

●さまざまな合併症
高血圧性動脈硬化性
脳出血、クモ膜下出血
高血圧性脳症
脳梗塞
一過性脳虚血発作
心臓心肥大
うっ血性心不全
狭心症
心筋梗塞
肝臓腎硬化症 
血管解離性動脈瘤閉塞性動脈硬化症
眼底うっ血乳頭網膜静脈血栓症

血圧は食事を気を付けることでコントロールが可能になります

●食事の注意点
 塩分を控える(塩分摂取目標値は、1日6g未満)
 体内の余分な塩分を排出する作用のあるカリウムを多く含んだ食材を摂る
 血液をさらさらにする食材を摂る
 バランスよく、カロリーも控えめにする
 (太り気味の方は、体重を減らすことで、血圧も下がります)

増やしたい栄養素は
 カリウム・カルシウム・マグネシウム・ルチン・食物繊維・たんぱく質

減らしたい成分は
 塩分・飽和脂肪酸・コレステロール

■カリウムの主な働き
  体内に塩分(ナトリウム)が増えると、カリウムが尿への排泄を促すよう働き、
血圧を下げます
腸や心臓の筋肉の働きを正常に保ちます
手足の筋肉の働きを正常に保ちます
腎臓の老廃物の排泄を促します

■カルシウムの主な働き
  カルシウムは人体の中で最も多いミネラルで、全体重の1.5%~2.0%程度を占めています。
カルシウム単独というよりも、カリウムやマグネシウム、食物繊維を一緒にとることで、相乗効果で血圧が下がるといわれています。

カルシウムが豊富な食品
 牛乳
 干しエビ(殻つき)・ししゃも・うるめいわし
 小松菜・モロヘイヤ・菜の花
 厚揚げ・木綿豆腐・高野豆腐

■マグネシウムの主な働き
  人間の体内には、成人で30gしか存在しません。
血管を収縮させるカルシウムの働きを抑えて、血圧の上昇を抑制します。
種実類や海藻類に多く含まれていて、和え物や炒め物にするとよいとされます。

マグネシウムが豊富な食品
 玄米ご飯
 あさり・はまぐり・かき
 アーモンド・カシューナッツ・落花生
 (ナッツ類は、高カロリーなので、摂取量注意)
 ひじき・こんぶ
 いりごま
 大豆製品

■たんぱく質の主な働き
  体を構成する細胞の主成分はたんぱく質
十分にたんぱく質を摂取していると、血管が若々しい弾力を保つことができます

たんぱく質が豊富な食品
 まぐろ・鮭
 鶏肉(ささみ)・豚肉(ヒレ)
 チーズ
 納豆

■タウリンの主な働き
  タウリンはアミノ酸の一種で、体内のあらゆる臓器に含まれています。
抗酸化作用が強く、体の各部分の機能を高めます。
ストレスがたまると体内で血圧を上げる物質が増えますが、
タウリンにはこの物質の放出を抑える働きがあり、血圧を調整してくれます。

タウリンが豊富な食品
 まだこ・こういか・ぶりの血合い肉・さんま
 さざえ・かき・あさり・ほたて

■食物繊維の主な働き
  食物繊維は、腸で有害な物質を吸着して対外に排出する働きがあります。
腸内環境を整え、余分な糖質・コレステロールの吸収を防ぎ、
高血糖や高脂血症を予防します。

食物繊維が豊富な食品
 きくらげ・ひじき・切干大根・しいたけ(きのこ類全般)
 もろへいや・おくら
 麦・粟・ヒエ・玄米

■ルチンの主な働き
  ルチンは毛細血管を強化する働きを持っているとされています。
その為に、心疾患・出血性の疾患を予防します。

ルチンが豊富な食品
 そば
 アルパラガス・トマト・レモン

これらの食材を使用し、カロリー・塩分・糖質控えめの
おすすめレシピをご紹介いたします。

健康食品やサプリメントなどを利用される場合は、クスリとの飲み合わせもありますので、
糖尿病の治療を受けている方や糖尿病の疑いのある方は、医師などに相談してください。